無料相談ってどうなの?!保険マンモスの口コミをまとめてみました

FP(ファイナンシャルプランナー)って何?

ここでは、FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事について説明しています。
このサイトの中でも、たくさん登場するファイナンシャルプランナー(FP)とは、いったいどんな存在なのでしょうか?

ファイナルプランナーはお金の専門家

ファイナンシャルプランナーとは一言でいうとお金の専門家です。

テレビなどで節約のアドバイスをするFPさんも多いですが、家計の節約から企業のコンサルティングまで、様々なアドバイスをする仕事です。

仕事の幅も広いですから、いろいろなタイプがあります。

1.企業内FP

主に銀行や証券会社、保険会社などの金融系企業や不動産系企業などで社員として所属して、その会社の商品やサービスを提供している。

2.実務タイプの独立系FP

企業の枠を超えてサービスを提供している。
企業内FPを経験している人も多い。いろいろな会社の商品を比較して、より良いものを提供できるメリットがある。

3.講師や著述タイプの独立系FP

専門学校の講師や講演、著述を中心に活動している。実務はあまりしていない傾向。

4.コンサルタントタイプの独立型FP

時間あたりで有料のコンサルティングが中心。税理士、社労士などの資格を持つ人も多い。


この中で、実際に個人の保険について相談するとなると、やはり2番目の実務タイプだと思います。

企業内FPの方は、基本的に自社の商品しか扱えません。

講師タイプの方は実務経験に乏しい傾向がありますし、コンサルタントタイプの方は知識も豊富ですが、相談に費用がかかったり、企業を相手にしているなど相談するのにハードルが高いと言えます。

個人に合わせてプランをたてると同時に、契約の細かなことまで任せられるのは、実務タイプの方でないと難しいということですね。

ライフプランの実現に計画性は不可欠

資産がある訳でもないし、専門家に聞くほどでは…と思うかもしれません。

でも、どなたでも明確にか、漠然にかは別にして、人生の計画があると思います。

大きな夢をもっている方もいらっしゃるでしょう。
そのプランを実現させるためには、少なからず経済的な支えが必要になってくると思います。

ファイナンシャルプランナーの主な仕事は、人生の計画を実現させるために、経済的な面をチェックし、必要と思われる経済的な設計をしていくことです。

昔のように、就職したら終身雇用、お給料は順当に増えていき、退職後は年金で生活…であれば、あまり必要はなかったかもしれませんが、企業の体質も、社会保障も激変している中では、いかに経済的にリスクを少なく、備えをしながら幸せに人生を送るかを考えなくてはいけません。

そのためには、社会保障制度や年金制度、税制、金融、住宅ローンなどなどについて、専門的な知識が必要となります。
それだけ今の世の中は複雑になっている訳です。知っているといないでは、大きな差が生まれる時代。知識とテクニックをプロに教えてもらうのは必要なことなのです。

保険選びにもFPは必要なの?

では、そのプロの知識が保険選びにまで必要なのでしょうか?

保険は、人生の中のリスク回避には不可欠のものと言えます。特に、自分は自分で守らなければならない時代になり、保険は自分に必要なものが過不足なく保障されていなければ意味がありません。数十年と保険料を支払うのですから、総額で比べると何百万という差になることもあります。

保険会社も企業ですから、広告には良いことが書いてありますし、保険の契約には細かい条項がたくさんあります。
そこをじっくりと見極めて、無駄のない保険選びをするにはプロの目が不可欠になっているのです。

特に、企業に属さず、客観的な目で商品の良し悪しを判断できる独立系のFPであれば、より厳しい選択が可能という訳ですね。