無料相談ってどうなの?!保険マンモスの口コミをまとめてみました

学資保険

学資保険について、どんなものか、その保障の内容や選び方についてまとめています。

子どものための備え

学資保険は、子ども保険と呼ばれることもある、子どもの為のさまざまな備えを考えた保険です。
子どものケガや病気への保障や死亡保障がついているものもあります。
ただ、基本的には子どもの教育資金を備えるための保険と考えたほうが良いでしょう。

子どもが生まれて保険に加入し、大学入学のあたりで満期を迎え、進学資金にするというのが一般的な使われ方です。

金額としては100万円から300万円くらいを積み立てるという感じですね。 

目的を重視して選ぶ

教育資金をためることが目的であれば、支払い保険料と受け取れる学資保険額をしっかり比較しておくことが重要です。

銀行預金などで貯蓄する場合との違いは、『親に万が一のことがあった時は、それ以降の保険料が不要になる』という点です。これはまさに保険の良さです。

保険は、満期以外でも、祝い金などの形で受け取れるものが多いので、進学などで資金が必要な際の助けになります。

この保険にもっと保障をつけたものもあります。

子どもや親の万が一の時に死亡保障金が受け取れるものや、子どものケガや病気の際の医療保障、親に万一の事があったら育英資金が受け取れるなどなど。
もちろん、保障をつけるほど、貯蓄性は低くなりますから、どちらに重点をおくかを考える必要があります。
ただ、保険のどの部分が保証で、どの部分が貯蓄かを見極めるのは、案外難しいものですので、プロに相談して必要なものが、どれだけ受け取れるのかを、きちんと把握しておくべきでしょう。