無料相談ってどうなの?!保険マンモスの口コミをまとめてみました

生命保険

生命保険がどんなものであるのか、その保障の内容など基本的なことをまとめています。

基本は3つの種類

生命保険の種類は大きくわけると3つあります。

  • 定期保険
    保険期間が定まっていて、その期間をすぎると保障は終了します。
    保険料は一番安いですが、掛け捨てです。その為、貯蓄にはならない商品ということになります。
  • 養老保険
    こちらも保険期間は定まっているので、期間をすぎると保障は終了します。
    ただ、満期時に生存していると、満期金が戻ってきます。保険料は一番高いですが、保障金額と同じ額の満期金となるので貯蓄性が一番高い商品です。
  • 終身保険
    保険期間が終身なので、一生涯保険は切れません。
    払込の期間が決まっているので、それ以降は保険料の支払いはありません。保険料は、定期保険と養老保険の中間くらいで、解約した際には払戻金があります。貯蓄性は養老保険よりは低くなります。

こういった基本のものを組み合わせて各保険会社の商品はできています。

特徴を理解して保険を選ぶ

同じ保障金額なら保険料が安い方がいいというのであれば定期保険。

例えば子供の教育期間中のリスクをカバーする目的で使うのが良いと言えます。

養老保険は保障額と同じだけ満期金がありますので、保障目的というよりも、貯蓄の目的で使うと良いタイプのものです。

保険期間が終了すると更新することはできないですし、貯金の感覚であれば、銀行預金より取り崩しにくいので良いのではないかと思います。
ただ、現在のように低金利の時代だと、長期にわたって金利を固定することになってしまうと理解しておくべきです。

終身保険は何と言っても一生涯保険が続くのですから寿命の長くなった時代には一番安心できる商品と言えるかもしれません。

貯蓄性もありますし、もしもの時は遺族の方がかならず保険金を受け取れます。

最近人気のネット生保は、商品がシンプルで保険料が安いというメリットがあります。
ただ、生命保険は商品が少ないので自分にピッタリというものがあるかどうかはわかりません。
また、終身保険となっていても、付帯している保障に期間があるなど、注意しなくてはいけない部分など、少し難しいところもあります。

自分のライフプランに合わせて、長期的な展望に立って保険を選ぶことが重要です。
そのためには、やはりプランナーの目で、数ある商品の中から候補を選んでもらうのが間違いがないと思います。

無料相談を利用すれば様々な会社の商品を比較できるので求めるものが見つかりやすいメリットもありますね。